日本株

【三菱ケミカルホールディングスを解説】今後のギルソン社長に期待⁉

三菱ケミカルホールディングスとは

国内最大手の総合化学メーカー

三菱ケミカルが手がける素材の例

炭素繊維 ディスプレイ インプラント 食品乳化剤 インフルエンザワクチン リチウムイオン電池など幅広い分野で使用されている。

2005年に三菱化学と三菱ウェルファーマが統合(同じ三菱同士が統合)

三菱ケミカルグループロゴ

 

その後、M&Aを繰り返し、三菱ケミカル、田辺三菱製薬、LSII8(生命化学インステイテュート)、日本酸素HDの四つの子会社を持つ親会社です。持株会社経営をしています。

持ち株会社とは株式を保有することで親会社の傘下に入れること

2021年に就任したギルソン社長の方針により、大幅な改革を実施

 

ギルソン社長の改革

持株経営を見直す方針

買収をしていたが、利益成長に繋がらず、負債ばかり増えていた。

持ち株会社のデメリット

責任の所在が不明瞭になる。

子会社で事業の決定ができない。

決裁などが必要になり、意思決定に時間がかかる。

 

その他にも

石化や炭素事業を切り離し、組織のスリム化や負債削減を目指す。

今後も事業の分離や統合を進めていく

脱炭素の時代になり、二酸化炭素が多く出る事業は分離をしていく。

 

管理職、従業員にジョブ型雇用を適用 年功序列制度も廃止

ジョブ型雇用とは職務に適したスキルや経験を持つ人を採用する

専門特化型の採用となります。

従来の日本型雇用はメンバーシップ型と呼ばれ、年功序列、新卒一括採用が挙げられます。

三菱ケミカル企業情報

業種 化学 

決算期 3月

設立 2004年

時価総額 1兆1664億 業界4位

発行株式 15億628万8千株

総資産  5兆5738億7100万

BPS 1091円(一株あたり純資産)

自己資本 1兆4580億7700万

自己資本比率 26.2% 低い方です

利益剰余金 1兆2136億7700万

有利子負債 2兆1599億6900万

M&Aと設備投資にお金を使い、負債額が多いです。


スポンサーリンク



三菱ケミカル業績

2021年 2022年 2023年(予想)
売上高 3兆2575億 3兆9769億 4兆4360億
営業利益 475億1800万 3031億9400万 2770億
経常利益 329億800万 2903億7千万 2660億
当期純利益 ▲75億5700万 1771億6200万 1530億

2022年 利益率=利益÷売上 4.4%

化学品業界で売上が3兆円を超えている、日本一の総合化学品メーカー

業績は、コロナウイルスの影響を受け赤字となった2021年から大きく回復

今後は、電気自動車、リチウムイオン電池、半導体などの素材 機能商品とヘルスケアに重点をおく。

セグメント別営業利益

2021年 2022年 2023年(予想)
機能商品合計 597億 787億 850億
↳ポリマーズ 150億 185億 250億
↳フィルムズ 276億 439億 400億
↳ソリューションズ 171億 163億 200億
ケミカルズ合計 158億 1,022億 750億
↳MMA 131億 318億 350億
↳石化 17億 446億 200億
↳炭素 10億 258億 200億
産業ガス 851億 989億 1050億
ヘルスケア 179億 ▲70億 140億
営業利益合計 1747億 2723億 2750億

機能商品 部品を作る元の材料

ポリマー プラスチックの材料

フィルムズ 食品包装紙など

MMA 世界の40%を製造 工学レンズ パーテーション 自動車のランプカバーなど幅広い分野で使用されている原料。

 

経済の回復により、自動車や半導体の素材機能商品が売れた。

新型コロナウイルスワクチン等の研究開発費増加により、ヘルスケアの部門は赤字となった。

 

ヘルスケア 医薬品、ワクチンを製造

インフルエンザワクチンなどを製造している。

新型コロナウイルスワクチンも製造中 

日本では、2023年の後半に実用化予定

米国 承認申請を準備

カナダ 承認がとおり2023年から実用化予定

新型コロナウイルスの影響力は、まだまだ続きそうなので、日本産のワクチン開発に期待です。

三菱ケミカル配当情報

2021年 2022年 2023年(予想)
株価 813円 817円 751円
配当金 24円 30円 30円
配当利回り 2.9% 3.6% 3.9%
一株利益 ▲5.3円 124円 107円
配当性向 24% 28%

2022年の増配、株価の下落により、高配当銘柄と呼ばれる利回りになりました。

キャッシュフロー

営業CF 3468億 本業で稼いだお金

投資CF  -1287億 事業拡大に使ったお金

マイナスの場合は設備を売った資金の方が多いということです。

財務CD  -3362億借入で得たお金

マイナスの場合はお金を借りた方が多いということです。

現金   2457億 保有している現金

スポンサーリンク



三菱ケミカル指標判断

PER 6.97倍 割安(株価収益率)

PBR 0.73倍 割安(株価純資産倍率)

配当性向 28% 減配リスクが少ない

ROE 10.5% 稼ぐ力が高い(自己資本利益率)

ROA 2.7% 稼ぐ力が低い(総資産利益率)

三菱ケミカルホールディングス評価

プラス材料

国内業界規模4位の巨大な総合化学メーカーである。

MMAなどこれからの必要な部品の素材を作っているので、需要が多い。

電気自動車や、太陽光発電など脱炭素関係の部品に必要

指標判断では割安。

配当利回りも3.9%ほどあり、高配当銘柄である。

マイナス材料

素材を売っているので、景気に左右されやすい。

景気が悪いとモノが売れないため

2021年に昇任したギルソン社長の改革がどうなるのか不明。

ギルソン社長の手腕に期待です

 

【住友化学を業績を解説】株価が下落気味で高配当株化学メーカー住友化学の業績を解説します。 株価が下落気味で高配当株になりました。 業績も世界経済の成長の恩恵を受けることができます。...
【化学株 三井化学を解説】業績の好調で増配!高配当株になりました!【三井化学を解説】業績の好調で増配!高配当株になりました!...
広告リンク
アーカイブ
年収400万!普通のサラリーマンが資産2000万を達成した方法
おすすめの本
よみたい本