日本株

【住友化学を業績を解説】株価が下落気味で高配当株

住友化学とは

国内最大手の総合化学メーカー 化学銘柄第7位の規模

農薬に強みがある。世界シェア 第8位 日本1位

化学製品

自動車、医薬品、水族館、エコカー、肥料、スマートフォン、農薬、飛行機などの素材を作っている。

化学製品は、あらゆる産業の根幹を支える存在として必要不可欠

社会課題に対応し変化と成長をしてきた

最初 

煙害を防止する肥料を提供した

現在 

環境 人と自然が共生する世界の実現

食糧 食糧の安定供給

ヘルスケア 健康的な生活の確保

ICT ICTを活用した包摂敵な社会の実現

4つの社会課題の解決に向けた事業を行っている

5つの事業がある(売上比率)

エッセンシャルケミカルズ(31%)

自動車や包装材、生活必需品を供給

 

エネルギー・機能材料(12%)

機能樹脂や電池部材など省資源、省エネルギーに貢献

 

情報電子科学(17%)

ディスプレイ、半導体ICT産業の発展を支えている。

 

健康・農業関連事業(17%)

農作物の安定供給や食料増産、感染症の蔓延防止など衛生的で健康な生活の実現を支えている。

 

医薬品(21%)

医薬品や再生医療分野で健康な人々の生活を支える。

 

5つの事業の売上比率バランスが良いのが特徴。

グローバルに広がる、幅広い拠点 世界75拠点

売上収益率 国内32% 海外 68%

海外での売上が国内より多い

世界経済成長の恩恵を受ける事ができます。

円安などもプラス材料になります。

為替差益分プラスになります。

スポンサーリンク



会社情報

業種 化学 

決算期 3月

設立 2005年年

時価総額 8757億 業界規模8位

発行株式 16億5544万6千株

総資産  4兆3081億

自己資本 1兆2181億

自己資本比率 28% 

利益剰余金 9743億

有利子負債 1兆3504億

住友化学業績

 

2021年 2022年 2023年(予想)
売上高 2兆2869億 2兆7653億 3兆1200億
営業利益 1371億 2150億300万 1800億
経常利益 1378億 2511億
当期純利益 460億 1621億 1250億
研究費 1787億 1749億 1830億

2021年はコロナの影響で業績が落ちました。

2022年は世界経済の回復で業績が大きく上昇。

利益率(売上÷利益)4%

化学業界は莫大な研究費が必要で毎年1,800億程度の支出をしています。

セグメント別売上

2021年 2022年 2023年(予想)
エッセンシャルケミカルズ 5893億 8425億 1兆1200億
エネルギー・機能材料 2452億 3164億 3400億
情報電子化学 4318億 4737億 4800億
健康・農業関連事業 4230億 4738億 5400億
医薬品 5465億 5917億 5800億
その他 511億 672億 600億
合計 2兆2870億 2兆7653億 3兆1200億

全体的にセグメント別の売上が上昇しています。

セグメント別営業利益

2021年 2022年 2023年(予想)
エッセンシャルケミカルズ ▲120億 535億 410億
エネルギー・機能材料 203億 201億 180億
情報電子化学 397億 578億 610億
健康・農業関連事業 315億 423億 475億
医薬品 717億 617億 330億
その他 ▲36億 ▲6億 ▲5億
合計 1476億 2348億 2000億

 

エッセンシャルケミカルズ

市況上昇

新型コロナウイルス感染拡大に伴う出荷減からの回復

 

エネルギー・機能材料

アルミニウムの価格上昇

リチウムイオン電池出荷増

新型コロナウイルス感染拡大に伴う出荷減からの回復

原材料価格上昇によるコスト増

 

情報電子化学

偏光フィルム売価下落

半導体プロセス材料出荷増

ディスプレイ関連出荷増

 

健康・農業

メチオニン市況上昇

北米、南米、インドにおける農薬に出荷増

 

医薬品

国内薬価改定

スミトバント社販売増か

 

地域別農薬売上収益

20年度4Q 21年度4Q
日本 799億 794億
北米 581億 661億
中南米 953億 1129億
アジア 460億 512億
欧州 252億 263億
合計 3045億 3359億

日本の農薬売り上げは前期と比べると減少

為替差益や出荷数増加により前年よりも売上が多くなっています。

 

海外売上収益

2020年度 2021年度
日本 32.3% 31.7%
中国 18.9% 19.2%
北米 15.7% 17.7%
アジア 20.1% 19.5%
欧州 4.3% 4.2%
その他 8.7% 7.7%
合計 1兆8715億 1兆5614億

 

配当情報

2021年 2022年 2023年(予想)
株価 500円 570円 536円
配当金 15円 24円 24円
配当利回り 3% 4.2% 4.4%
一株利益 12円 88円 79円
配当性向 27% 30%

 

営業CF 1,717億 本業で稼いだお金

投資CF -1,154億  事業拡大に使ったお金

マイナスの場合は設備を売った資金の方が多いということです。

財務CD -813億 借入で得たお金

マイナスの場合はお金を借りた方が多いということです。

現金  3,654億 保有している現金

スポンサーリンク



住友化学指標判断

PER 6.74倍 割安(株価収益率)

株価収益率と言われ現在の株価が利益水準に対して、どれくらいの割合かを図る指標です。

PER=株価÷1株利益(EPS)

倍率が低いほど割安だと判断できます。

平均15倍を下回れば割安です。

成長できる企業ならPERが高くても投資価値あり

EPS 円(一株あたり利益)

BPS 円(一株あたり純資産)

 

PBR 0.71倍(株価純資産倍率)割高

株価純資産倍率と言われ、企業の資産面を見て判断する指標です。

        

PBR=株価÷1株あたり純資産

倍率が低いほど割安だと判断します。

平均1倍を下回れば割安です。

逆に見れば、高いほど人気のある企業だと捉えることもできます。

 

ROE 10.3%(自己資本利益率)稼ぐ力が高い

自己資本利益比率と呼ばれ、純資産から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。

高いほど、収益性のある会社だと判断でき、株価も上がりやすくなります。

ROE 当期純利益÷純資産(総資産-負債)×100

10%を超えれば、優良企業と判断します。

 

ROA 2.9%(総資産利益率)稼ぐ力が高い

総資産利益率と呼ばれ、総資産から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。

ROA 当期純利益÷総資産×100

高いほど、株式市場で評価を受けています。

5%を超えれば、優良企業と判断します。

 

インダレストカバレッジレシオ 0.8倍

会社の債務返済能力を測る指標

利息を支払うための利益がどれくらいなのかが分かります。

倍率が高いほど、安全性が高いと判断します。

住友化学評価

メリット

円安などで為替差益により業績がよくなる。

海外との取引が多く、世界経済の成長とともに伸びる。

指標判断では割安水準にある。

デメリット

景気に左右される側面がある。

安定性があり投資おすすめです!

住友化学を動画で解説してみましたので、こちらもぜひご覧ください。

広告リンク
アーカイブ
年収400万!普通のサラリーマンが資産2000万を達成した方法
おすすめの本
よみたい本