おすすめ

【石油セクター株2022年度第2決算を徹底比較】各社の業績と今後の見通しを考察

 

石油セクター株 第二四半期決算を徹底比較します。

石油株は景気敏感株で安定感に欠けますが、高配当銘柄が多いです。

最後に現時点でどの株がおすすめなのかも考察しますので、ぜひ最後までご覧ください。

【2022年おすすめ石油銘柄3選】配当利回り3.5%以上!長期保有できる石油株を3選紹介【2022年おすすめ石油銘柄3選】配当利回り3.5%以上!長期保有できる安定した石油株を3選紹介します。...

 

出光興産

経営の原点 人間尊重

 

企業理念 真に働く

社会の課題に貢献できる活動をする。

燃料の売上は約7割 

化学薬品 プラスチックの販売、生産

高機能材 アスファルト、リチウムイオン電池、有機EL

資源開発 石油、天然ガスの生産、販売

電力再生可能エネルギー 電力の販売、生産

海外進出もしているグローバル企業

企業情報

スタンド数 6182店

総資産 5兆3998億

時価総額 9040億

発行株数 2億9786万4718株

利益剰余金 8932億

有利子負債 3兆6771億

自己資本比率 31.4%

営業CF ▲1495億

現金 848億

 

格付け

JCR A+(安定的)

R&I A(安定的)

 

指標判断

PER 2.8倍 

PBR 0.53倍 

ROE 19.2% 

ROA 6%

信用倍率 16.42倍

 

代表株主

マスター 3999万400株 13.43%

日章興産株式会社 2711万9900株 9.11%

Aramco 2311万5800株 7.76%

出光美術館 2039万2400株 6.85%

業績情報

第二四半期 業績情報

2021年度Q1‐Q2 2022年度Q1‐Q2 前年増減
売上 1919億 3743億 +1824億
経常利益 1971億 3812億 +1842億
当期純利益 1427億 2808億 +1381億

 

 売上は、原油価格上昇及び円安進行に伴う 在庫影響や石炭市況高騰による石炭事業の増益 にけん引され1,824億円の増益 

在庫影響を除くセグメント利益は、石炭事業収支および燃料油の輸出マージン が改善した一方、自家燃コスト負担の増加等で増益幅が一部相殺された

コロナ禍の行動制限緩和により、主燃料、ジェットとも需要は回復

 

セグメント別営業利益              

2021年度Q1から2 2022年度Q1から2 増減
燃料油 1557億 2693億 +1136億
基礎化学品 109億 142億 +32億
高機能材 102億 86億 ▲16億
資源 215億 1001億 +786億
合計 1919億 3743億 +1824億

 

燃料油

 主燃料販売数量は、コロナ禍の行動制限緩和等により前年を上回った 。

国内製品マージンは前年比で改善したが、自家燃コスト増加、連産品マージン悪化で相殺 

シンガポール製品マージンの拡大による輸出採算の改善が寄与し、全体では増益を確保

 

資源

石炭市況高騰により増益 

生産数量は悪天候や鉱山規模縮小で減少

 

2023年通期予想

2021年 2022年 2023年 予想
売上 4兆5566億 6兆6867億 9兆1700億
営業利益 1400億 4344億 4250億
経常利益 1083億 4592億 4500億
当期純利益 349億 2794億 3250億

 

2023年当期純利益を2,800億から3250億に上方修正

今期も円安や石炭事業が好調で前年より増益予想です。

配当情報

2020年度 2021年度 2022年度(予想)
株価 2800円 3050円 3015円
配当 120円 170円 120円
利回り 4.2% 5.5% 3.9%

 

2021年度は記念配当があり、一時的に配当金が増額しています。

 

120円前後の配当金です。

 

1株あたり120円を配当

EPS 1093円

目標 配当性向 50%

現在 配当性向 10%

貸借対照表

資産

2022年3月 2022年9月 増減額
現金 1403億 873億 ▲530億
売掛金 2兆2278億 3兆602億 +8324億
流動資産合計 2兆3681億 3兆1475億 +7794億
固定資産 2兆2331億 2兆2513億 +183億
総資産 4兆6012億 5兆3988億 +7976億

 

資産の部 資産合計は、原油価格の上昇及び円安影響などによる売上債権及び棚卸資産の増加などにより、5兆3,988億 円(前期末比+7,976億円)となりました。

 

負債

2022年3月 2022年9月 増減額
流動負債 2兆613億 2兆5452億 +4839億
固定負債 1兆1034億 1兆1319億 +285億
負債合計 3兆1647億 3兆6771億 +5124億
利益剰余金 6453億 8932億 +2479億
純資産 1兆4365億 1兆7217億 +2852億
負債合計 4兆6012億 5兆3988億 +7976億

 

負債の部

 負債合計は、短期借入金の増加、原油価格の上昇及び円安影響などによる仕入債務の増加及び未払法人税等の 増加などにより、3兆6,771億円(前期末比+5,124億円)となりました。

 

純資産の部 

純資産合計は、配当金の支払い328億円がありましたが、親会社株主に帰属する四半期純利益2,808億円の計上 などにより、1兆7,217億円(前期末比+2,852億円)となりました。

 

ネットD/レシオ 0.93

自己資本比率 31.4%

 

キャッシュフロー

 

営業CF ▲1495億

原油の輸入価格上昇及び円安影響に伴う運転資本の増加などの資金減少要因が、税金等調整前四半期純利益や 減価償却費などの資金増加要因を上回ったことにより、1,495億円の支出となりました。

 

投資活動CF ▲147億

国内子会社などによる有形固定資産の売却(425億円)がある一方、製油所設備の維持更新投資などによる有 形固定資産の取得(472億円)により、147億円の支出となりました。

 

財務活動CF 1097億

運転資金需要に対応するための短期借入金による資金調達、コマーシャル・ペーパー及び社債発行などにより 1,097億円の収入となりました

 

現金 848億

保有している現金です。

 

給油写真
【出光興産株式会社】2021年第二四半期!配当金、業績発表   出光興産特徴 1940年3月に設立(海賊と呼ばれた男の企業です) 石油事業を扱っており...

 

エネオスホールディングス

 

石油元売り国内トップ 国内燃料油 50%シェア

燃料販売以外にも、金属、天然ガス、再生可能エネルギー事業をしている。

非鉄金属は鉱山開発からリサイクルまで一貫して展開。

 

金属事業

半導体用ターゲット 世界シェア 60%⇒PC。自動車、スマートフォン

磁性材料用ターゲット 世界シェア 60%⇒ハードディスク、PC

ターゲット材とは、金属を円盤や板状に加工した材料です

水素ステーションのガソリンスタンドがあり、今後期待されている。

 

理念

地球の力を、社会の力に、そして人々の暮らしの力に。

企業情報

店舗数 13,000店(国内NO1)

総資産 10兆8240億

時価総額 1兆4368億

発行株数 3億2328万2649株

利益剰余金 1兆7508億

有利子負債 7兆3520億

自己資本比率 28.3%

営業CF ▲4038億

現金 5239億

 

格付け

JCR AA(安定的)

R&I A+安定的)

ムーディーズ Baa2(安定的)

 

指標判断

PER  4.1倍 

PBR  0.44倍 

ROE 10.8%

ROA 3%

信用倍率 15.13倍 

 

代表株主

マスター 5億3949万株 17.52%

カストディ 1億9858万4千株 6.45%

ステイトストリート 6792万8千株 2.2%

高知信用金庫 4432万株 1.43%

エネオス 1億5190万1700株 4.7%

業績情報

第二四半期業績情報

2021年度Q1‐Q2 2022年度Q1‐Q2 増減
売上 4兆7314億 7兆3940億 +2兆6626億
営業利益 3378億 3948億 +570億
当期純利益 2114億 2488億 +374億

 

当第2四半期連結累計期間

中国における経済活動抑制の影響世界的な物価上昇を背景とした米欧の金融引き締め等を受け、世界経済の回復ペースは鈍化しています。

 

 日本については、物価上昇による家計や企業への影響や世界経済の下振れ等下押し懸念 はあるものの、新型コロナウイルス感染のピークアウトにより経済社会活動の正常化が進む等、 緩やかに持ち直しています。

 

 同期間における原油価格(ドバイ原油)は、期初は1バーレル当たり102ドルから始まり、期末 には90ドル、期平均では前年同期比33ドル高の102ドルとなりました。

 

EUのロシア産原油禁輸措 置の導入による供給不足感等を受け上昇局面が継続し、6月には119ドルまで上昇しましたが、各 国の金融引き締めによる世界的な景気後退懸念等により7月以降は下落に転じ、90ドル前後で推 移しています。

 

こうした状況のもと、当第2四半期連結累計期間の連結売上高は、原油価格の上昇に伴う石油 製品販売価格の上昇や円安の進行等により、前年同期比56.3%増7兆3,940億円となりました。 

 

営業利益は、原油価格上昇による在庫影響等により、前年同期比570億円増益の3,948億円 となりました。

 

(在庫影響を除いた営業利益相当額は、前年同期比520億円減益の1,166億円)

 

税引前四半期利益は、前年同期比695億円増益 の3,977億円となり、法人所得税費用1,234億円を差し引いた四半期利益は、前年同期比385億円増 益の2,743億円となりました。  

 

四半期利益の内訳は、親会社の所有者に帰属する四半期利益が2,488億円、非支配持分に 帰属する四半期利益が255億円となりました。

 

セグメント別営業利益                    

2021年度Q1から2 2022年度Q1から2 増減
エネルギー 1965億 2292億 +327億
石油・天然ガス 388億 604億 +216億
金属 787億 810億 +23億
合計 2114億 2488億 +374億

 

[エネルギーセグメント]  

コロナウイルスの影響緩和、好調な輸出市況を受けて輸出数が増加したことにより、販売数量は9.4%増となりました。

一方、石油化学製品は、中国におけ るロックダウンの影響により、パラキシレン、ベンゼンともに市況は前年同期に比べ悪化しまし た。  

エネルギーセグメントの当第2四半期連結累計期間における売上高は、 原油価格の上昇等により、前年同期比65.1%増の6兆2,606億円となりました。

営業利益は前年同期比327億円増益の2,292億円となりました。

原油価格の上昇を主因とする在庫影響によ る会計上の利益が2,782億円が含まれています。

 

[石油・天然ガス開発セグメント] 

原油及び天然ガスの生産量については、英国事業の売却の影響等により、 前年同期に比べ減少しました。

原油及び天然ガスの販売価格は、原油市況を反映し前年同 期に比べ大幅に上昇しました。

石油・天然ガス開発セグメントの当第2四半期連結累計期間における売 上高は前年同期比2.3%増の977億円、営業利益は前年同期比216億円増益の604億円となりまし た。 

 

[金属セグメント]  

中国のゼロコロナ政策等による影響で一部製品の販売環 境の悪化があったものの、サーバー、通信インフラ等高機能IT分野での需要の増加に加えて、 為替が円安に推移したことで増益となりました。  

資源事業については、チリのカセロネス銅鉱山における生産量は、前年同期に比べて増加した ものの、銅価格の下落を主因に減益となりました。

同鉱山においては、引き続き生産性の 向上とコスト削減に取り組んでいます。  

製錬・リサイクル事業については、硫酸国際市況の改善や為替が円安に推移したことで増益と なりました。  

こうした状況のもと、金属セグメントの当第2四半期連結累計期間における売上高は前年同期 比28.4%増の8,198億円、営業利益は前年同期比23億円増益の810億円となりました。

 

通期業績予想

2021年度 2022年度 2023年度
売上 7兆6580億 10兆9千億 14兆9千億
営業利益 2541億 7859億 5600億
経常利益 2308億 7717憶 5400億
当期純利益 1139億 5371億 3300億

 

当期純利益を1700億から3300億に上方修正

利益進捗率 73%

配当情報

2020年度 2021年度 2022年度(予想)
株価 445円 463円 441円
配当 22円 22円 22円
利回り 4.9% 4.7% 4.9%

 

2020年から株価も上昇しておらず、増配も実施していません。

貸借対照表

資産

2022年3月 2022年9月
流動資産 4兆3086億 5兆3414億
非流動資産 5兆3396億 5兆4713億
資産合計 9兆6482億 10兆8240億

 

負債

2022年3月 2022年9月
負債 6兆4141億 7兆3520億
利益剰余金 1兆5170億 1兆7508億
資本 3兆2341億 3兆4481億
負債、資本合計 9兆6482億 10兆8240億

 

資産 

第2四半期連結会計期間末における資産合計は、棚卸資産の増加等により、前連結会 計年度末比1兆1,758億円増加の10兆8,240億円となりました。

 

 負債 

棚卸資産の増加に伴う運転資金の増加等により、前連結会計年度末比9,378億円増加の7兆3,520億円となりました。

 

有利子 負債残高は、前連結会計年度末比6,164億円増加の3兆3,518億円となり、また、手元資 金を控除したネット有利子負債は7,296億円増加の2兆9,145億円となりました。

 

 資本 

配当金の支払や自己株式の取得によ る減少等があったものの、四半期利益の計上等により、前連結会計年度末比2,380億円 増加の3兆4,720億円となりました。

 

自己資本比率 28.3%

キャッシュフロー

21年4月~9月 22年4月~9月
四半期利益 3281億 3976億
営業CF ▲389億億 ▲4038億
投資CF ▲1643億 ▲575億
財務CF 1509億 3238億
現金 4123億 5239億

 

①営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動の結果、資金は4,038億円減少。

これは、税引前四半期利益や減価 償却費等の資金増加要因があったものの、運転資金の増加や法人税の支払等の資金減少要因が上回ったことによるも のです。

 

②投資活動によるキャッシュ・フロー 

投資活動の結果、資金は576億円減少。

資産売却収入等の資金増 加要因があったものの、JSR株式会社からのエラストマー事業の買収等の戦略的投資等の資金減少要因が上回った ことによるものです。

 

 ③財務活動によるキャッシュ・フロー

財務活動の結果、資金は3,239億円増加

配当金の支払や自己株 式の取得等の資金減少要因があったものの、長期借入金の増加や社債(トランジション・リンク・ボンド)の発行等 の資金増加要因が上回ったことによるものです。

 

【エネオスは2022年上半期おすすめ銘柄として紹介させていただきました】

こちらもぜひご覧ください。

日本株おすすめ5選
2022年上半期おすすめ高配当株5選】 配当利回り4%以上!長期保有できる優良銘柄のみ紹介!【2022年上半期おすすめ高配当株5選】 配当利回り4%以上!長期保有できる優良銘柄のみ紹介!...

 

 

 

コスモエネルギーホールディングス

2015年10月に設立されたコスモ石油などを傘下に置く持ち株会社

持ち株会社とは、グループ全体のトップのこと

グループ企業に、コスモ石油、コスモエネルギー、コスモ石油マーケティングを持つ

2017年にキグナス石油と資本提携を結ぶ

 

企業情報

SS数 2,695店

総資産 2兆3079億

時価総額 3154億

利益剰余金 4296億

有利子負債 1兆6356億

自己資本比率 23.5%

営業CF ▲577億

現金 679億

 

格付け

JCR BBB+(安定的)

 

指標判断

PER  2.7倍 

PBR  0.56倍

ROE 22.5%

ROA 5%

信用倍率 1.73倍

 

代表株主

マスター 105万3千株 12.73%

シティインデックスイレブンス 781万8千株 9.43%

カストディ 439万5千株 5.3%

関西電力 184万3千株 2.24%

コスモエネルギー持ち株会 167万4千株 2.02%

シティインデックス、レノは旧村上ファンド系の投資会社で保有比率を19.81%まで増やしています。

業績情報

第二四半期業績情報

2021年度Q1‐Q2 2022年度Q1‐Q2 増減
売上 1兆957億 1兆3716億 +2759億
営業利益 934億 1729億 +795億
経常利益 950億 1738億 +788億
当期純利益 520億 949億 +429億

 

在庫影響を除く経常利益は前年同期比209億円増益の820億円、在庫影響918億円により経常利益は 前年同期比788億円増益の1,738億円。

当期純利益は前年同期比429億増益の949億。 経常利益、当期純利益ともに第2四半期として過去最高益を更新

在庫影響を除く経常利益は1,500億円、当期純利益は1,150億円を見込む

 

セグメント別営業利益              

2021年度Q1から2 2022年度Q1から2 増減
石油事業 315億 308億 -7億
石油化学 90億 78億 -12億
石油開発 172億 411億 +239億
再生可能エネルギー 5億 ▲1億 -6億
合計 582億 796億 +214億

 

【石油事業】

四品マージンならびに海外市況が改善した一方、製油所トラブルの影響、自家燃コストおよび、 エネルギーコストの上昇などにより若干の減益 ⇒ 在庫影響除き経常利益は308億円(前年同期比▲ 7億円)

 

(個人向けカーリース)の強化

市場 : リース会社が手掛けられなかったニッチな個人向けカーリース市場へ参入 

 戦略 : SSの強み(個人のお客様との接点が多い等)を活用した顧客の囲い込み 

リスク : 車両在庫・与信リスクがないため、低リスク ✓ ビジネスモデル : お客様、リース会社、当社・特約店の全てがWin-win

 

【石油化学事業】 

MEK市況が改善した一方、オレフィン市況悪化による販売数量の減少などにより減益 ⇒ 経常利益は78億円(前年同期比▲ 12億円) 

 

【石油開発事業】  

原油価格の上昇により増益 ⇒ 経常利益は411億円(前年同期比+ 239億円) 

 

【再生可能エネルギー事業】 

風況の悪化ならびに洋上風力開発に伴う先行コストの発生により減益 ⇒ 経常利益は▲ 1億円(前年同期比▲ 6億円)

 

配当情報

2020年度 2021年度 2022年度(予想)
株価 2400円 2470円 3570円
配当 80円 100円 150円
利回り 3.3% 4% 4.2%

 

配当は中計財務目標の達成を見据え、前回5月公表の通り150円(中間75円、期末75円)(予定)とする 

取得総額200億円を上限とする自社株買いを実施済

取得期間 2022年5月13日~2022年11月30日 ⇒ 取得期間 2022年5月27日~2022年7月6日

 

通期業績情報

2021 2022年 2023年 予想
売上 2兆2332億 2兆4404億 3兆300億
営業利益 1012億 2353億 2320億
経常利益 973億 2330億 2280億
当期純利益 859億 1388億 1150億
一株利益 1025円 1658円 1344円

 

当期純利益を930億から1150億に上方修正

在庫影響を除く連結経常利益はほぼ横ばいとなる一方、円安による在庫影響の良化などにより、経常利益ならび に当期純利益は前回公表を大幅に上回る

EPS 1659円

貸借対照表

資産

2022年3月 2022年9月
流動資産 8679億 1兆2371億
固定資産 1兆703億 1兆707億
資産合計 1兆9384億 2兆3079億

 

負債

2022年3月 2022年9月
流動負債 9546億 1兆2253億
固定負債 3997億 4103億
負債合計 1兆3544億 1兆6356億
資本 400億 400億
利益剰余金 3433億 4296億
純資産合計 5839億 6722億
負債純資産合計 1兆9384億 2兆3079億

 

ネットD/レシオ 0.91倍

自己資本 23.5%

 

キャッシュフロー

21年4月~9月 22年4月~9月
営業CF 553億 ▲577億
投資CF ▲442億 ▲412億
財務CF 51億 1101億
現金 632億 679億

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動の結果、資金の減少は577億円(前年同期は553億円の資金の増加)となり、これは主に、税金等調整前 四半期純利益を計上したものの、棚卸資産の増加法人税等の支払いによる支出等によるものであります。

 

 投資活動によるキャッシュ・フロー 

投資活動の結果、資金の減少は412億円(前年同期は442億円の資金の減少)となり、これは主に、有形固定資産 の取得による支出等によるものであります。 

 

財務活動によるキャッシュ・フロー

 財務活動の結果、資金の増加は1,101億円(前年同期は51億円の資金の増加)となり、これは主に、短期借入金 が増加したこと等によるものであります。 

 

 

石油セクター株 比較表

企業情報

コスモ 出光 エネオス
スタンド数 2695店 6182店 12000店
総資産 2兆3079億 5兆3998億 10兆8240億
純資産 6722億 1兆7217億 3兆4720億
自己資本比率 23.5% 31.4% 28.3%
時価総額 3154億 9040億 1兆4368億
発行株式 8477万 2億9736万株 3億2328万株
利益剰余金 4296億 8932億 1兆7508億
自社株買い 200億 なし 1000億
期間 2022年11月 なし 2022年11月
格付け JCR BBB+ JCR A

RI A

JCR AA

RI A

ムーディーズ Baa2

 

スタンド数

エネオスが他2社を圧倒する12000店を出店しています。

 

総資産 

総資産ではエネオスが出光の2倍近くあります。

現金、建物、土地全てを足した額

 

純資産 エネオスの純資産額が多いです。

総資産から負債を引いた額

 

自己資本比率 

出光の自己資本比率が31.4%あり純資産額比率が多いです。

純資産÷総資産で表し多いほど安定

 

時価総額 

エネオスの時価総額が1兆円を超えています。

株価×発行株数で表し、株主からの期待度を表している。

資金調達もしやすくなります。

 

利益剰余金

エネオスの剰余金が出光の2倍程あります。

剰余金が高いほど、企業の安定性があります。

 

自社株買い

エネオス1000億、コスモが200億を上限に自社株買いを行います。

出光は自社株買いを行っておらず配当金を多く出しています。

自社株買いを行うことで株価の上昇を期待できます。

 

格付け

エネオスが3社から評価されています。

投資適格格付け機構が、独自の安全度を表しています。

 

指標判断

コスモ 出光 エネオス
PER 2.7倍 2.8倍 4.1倍
PBR 0.56倍 0.53倍 0.44倍
ROE 22.5% 19.2% 10.8%
ROA 5% 6% 3%
信用倍率 1.73倍 16.42倍 15.13倍

 

PER(株価収益率)

全体的にどの銘柄も割安傾向です。

株価収益率と1呼ばれ、1倍を基準に低いほど割安です。

 

PBR(株価純資産倍率)

全体的にどの銘柄も割安傾向です。

株価純資産倍率と呼ばれ、会社の資産と現在の株価の比較で1倍を基準に判断します。

 

ROE(自己資本利益率)

コスモと出光の自己資本での稼ぐ力が高いです。

自分のお金でどれだけ利益を稼げているかを図る指標。

 

ROA(総資産利益率)

コスモと出光の総資産での稼ぐ力が高いです。

自分と他人のお金でどれだけ利益を稼げているかを図る指標。

 

信用倍率

コスモの信用倍率が低く上昇が期待できます。

信用取引における買い残高÷売り残高によって求められます。

倍率が1倍に近づくほど株価も上昇しやすくなり、1より上がれば株価が下がりやすくなります。

 

第二四半期業績情報

コスモ 出光 エネオス
売上 1兆3716億 4兆8140億 73940
経常利益 1738億 3540億 3948
当期純利益 949億 2807億 2488

 

第二四半期業績の当期純利益では、出光がエネオスよりも稼いでいます。

総資産ではエネオスが出光を圧倒していますが、出光がエネオスよりも効率的に稼いでいると判断します。

 

通期業績予想

コスモ 出光 エネオス
売上 3300 91700 149千億
営業利益 2320 4250億 5600億
経常利益 2280 4500億 5400億
当期純利益 1150 3250億 3300
利益進捗率 82% 86% 75%

 

当期純利益

出光とエネオスが同等水準で稼ぐ予想です。

 

利益進捗率

どの石油株も修正後利益70%以上を既に稼いでいます。

後半の調子が良ければ増配なども十分にあります。

企業は利益から配当金を出すので、達成率が高いほど増配を期待できます。

 

配当情報

コスモ 出光 エネオス
株価 3570 3015 441
配当 150 120 22
利回り 4.2 3.9 4.9
一株利益 1344円 1093円 109円
配当性向 11% 10% 20%

 

株価

エネオスは比較的投資がしやすい株価です。

コスモと出光が最低30万円以上必要です。

個人投資家は資金力に乏しく、投資価格の大きい銘柄を買うとポートフォリオに占める投資比率が高くなります。

 

利回り

エネオスの利回りが4.9%と高配当です。

全体的に商社は利益進捗率が高く、現在の進捗率を維持できればさらなる利回りが期待できます。

 

一株利益

出光とコスモが1000円以上稼いでいます。

当期純利益÷発行株式で表します。

 

配当性向

出光とコスモの配当性向が低いです。

利益からどれだけ配当に出しているかを表す指標で高いほど、減配の可能性が高いです。

 

キャッシュフロー

コスモ 出光 エネオス
営業CF ▲577 ▲1495億 ▲4038
投資活動CF ▲412 ▲147億 ▲575
財務活動CF 1101 1097億 3238
現金 679 848億 5239

 

営業活動CF 

エネオスの収支が悪化しています。

 

本業による収入と支出の差額 プラスが多いほど本業が順調と判断します。  

 

投資活動CF 

エネオスの投資に使った額が大きいです。

 

事業活動や設備投資にどれだけ使っているかを表します。

マイナスが多いほど事業に使っている額が多く、株や債券などを売ればプラスになります。

 

財務CF 

 

金融機関からの借りた額を表します。

プラスの場合は借りた額が多く、マイナスの場合は返済した額が多いとなります。  

 

現金 

エネオスのキャッシュの保有率が多いです。

プラスが多いほど資金繰りが安定しています。

 

投資おすすめ順位

 

第3位 コスモエネルギーホールディングス

指標判断では、割安傾向です。

信用倍率が低く、株価が上昇する可能性がある。

ROEが高く、純資産を使い効率よく稼いでいます。

現段階では、石油事業を主なビジネスとしているので、石油関係の情勢(原油価格や為替)をもろに受けるので注意が必要です。

 

第2位 出光興産

指標判断では割安傾向

ROEが高く稼ぐ力が高い

自己資本比率が高く安定している。

化学品、高機能材も扱っており、リスク分散をとっている。

 

第1位 エネオスホールディングス

指標判断では割安

3つの格付け会社から評価されている

石油業界では最大規模

最低購入価格も5万円以下と手が出しやすい

配当利回りも高い 4.9%

自社株買い(1000億)を実施しており、株主還元に積極的

金属事業もあり、ある程度のリスク分散ができている。

金属事業は世界シェアを取っている分野がある。

他2社と比べて利益率がよくない。

 

石油セクター株 投資注意点

石油関係は在庫の原油を持つので、原油価格がとても重要

仕入れから販売までタイムラグがあり、原油価格が上がれば利益、下がれば損失になります。

原油価格の乱高下が激しく、場合によっては、減益になる可能性もあります。

為替リスクも、原油価格に影響する。

原油は輸入に頼っているため、円安傾向だと減益に繋がる。

2022年上期は円安や資源価格の上昇により業績は好調でしたが、下期は減収予想

日銀の利上げで円高原油価格も下落しています。

景気の影響を受けやすい

コロナ禍では、世界経済の停滞により、石油需要が少なく、ガソリン価格が下落しました。

脱炭素、EVの普及により、ガソリンの需要減少はさけられない。

原油の需要は今後も減少傾向が続いていく。

燃料油国内需要

2018年 168万KL 

2019年 162万KL

2020年 152KL 

年々減少傾向が続いています。

2050年カーボンニュートラル(CO2排出ゼロ宣言)により、脱炭素の時代になりました。

業界規模も大きく株主還元に積極的なエネオスがおすすめです!

 

石油会社3社の比較を動画で解説してみましたので、こちらもぜひご覧ください。

広告リンク
アーカイブ
年収400万!普通のサラリーマンが資産2000万を達成した方法
おすすめの本
よみたい本