日本株

【配当利回り5%】三井住友FGを解説!三菱UFJもおすすめ?

三井住友グループの企業が合わさったグループ会社

日本3大メガバンク三井住友銀行も含まれます。

 

グループ企業

三井住友銀行(メガバンク)

SMBC信託銀行

三井住友カード(クレジットカード)

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

SMBC日興証券(投資会社)

企業情報

総資産 271兆7487億

純資産 12兆7608億

時価総額 5兆7585億 業界2位

発行株数 13億7469万1194株

自己株式 346万6127株

利益剰余金 7兆2979億

自己資本比率 4.7%

 

投資主

日本マスター 23億4820万 17%

カストディ 7億9080万 5.7%

ナッツクムコ 2億6330万 1.9%

SSBTC 2億3550万 1.7%

 

日本、米国の機関投資家が投資主です。

 

格付け

Moodys A1 安定的

S&P A+ 安定的

Fitch A ネガティブ

R&I A+ ポジティブ

JCR AA+ 安定的

 

海外の格付け会社も評価しています。

5社が評価しています。

 

業績サマリー

 

2021年上期 2022年上期 前年同期比
連結粗利益 1兆4313億 1兆6324億 +2011億
営業経費 ▲8759億 ▲9626億 ▲866億
連結業績粗利益 5861億 7219億 +1379億
与信費用 ▲267億 ▲831億 ▲565億
株式等損益 812億 921億 +109億
経常利益 6300億 7261億 +960億
親会社純利益 4560億 5254憶 +694億
ROE 9.4% 10.3%

 

連結粗利益 +1兆6234億

為替影響 +1220億

国内外の法人貸出の増加と付帯取引の獲得

好調な決済ビジネスが後押し

 

営業経費 ▲9626億

為替影響▲600億

新規顧客獲得好調に伴う変動費が増加

 

与信関係費用 ▲831億

コストが増加

戻入もあったが、予想の水準内で推移

 

株式等損益 +921億

ETF売却益が減少した一方、政策保有株式売却益 (680、YoY+320)は増加

 

グループ会社の業績 

SMBC(銀行)を筆頭に4つのグループ会社を保有しています。

SMBC(銀行)

21年度上期 22年度上期
業務粗利益 7466億 9282億
経費 ▲4183億 ▲4438億
業務純益 3283億 4845億
与信関係費用 ▲249億 ▲635億
株式等損益 576億 842億
当期純利益 2862億 3998億

 

前年同期比を上回る水準です。

このグループ会社の稼ぎ頭です。

 

貸出金残高

22/9 国内 59.2兆 海外 36.9兆

22/3 国内 58兆  海外 29.7兆

21/9 国内 56.4兆 海外 25.7兆

国内での貸出金は個人は減少

中小、大企業では貸出金が増加

国内・海外ともに法人からの資金需要は底堅い。

 

貸出金利 0.84%

金利が高いほど得られるお金が多くなります。

 

預金残高

22/9 法人 62.2兆 個人57.1兆 合計 119.4兆

22/3 法人 62.6兆 個人56.1兆 合計 118.7兆

21/9 法人 59.3兆 個人54.8兆 合計 114.1兆

 

預金額は増加傾向です。

個人の貯金は年々増加傾向です。

 

海外貸出金

22/9 300兆

22/3 288兆

21/9 273兆

海外での貸し出しは増加傾向です。

 

有価証券

31兆7619億 評価益 1兆3187億

2020年から2024年で3000億削減計画

 

SMCC(クレジットカード)

21年度上期 22年度上期
業務粗利益 1977億 2142億
経費 ▲1642億 ▲1793億
業務純益 333億 351億
当期純利益 148億 148億

 

粗利益が増えましたが、経費が増え前年同期比と利益は同じ水準

 

SMBCCF(消費者金融 プロミス)

21年度上期 2022年度上期
業務粗利益 1276億 1377億
経費 ▲583億 ▲613億
業務純益 693億 727億
当期純利益 321億 319億

 

粗利益が増えましたが、経費が増え前年同期比と利益は同じ水準

 

SMBC日興(投資会社)

21年度上期 2022年度上期
業務粗利益 2057億 1,235億
経費 ▲1566億 ▲1588億
業務純益 491億 ▲353億
当期純利益 362億 ▲248億

 

今期は赤字を計上

2022年9月

特定の銘柄の株価を維持するため、不正な取引を行い幹部6人を起訴

相場操縦事件として、金融庁から業務停止命令や管理体制の強化を出しました。

 

よって、株式や債権の取引ができないことから、250億の減収に繋がりました。

【2022年】NISAでの投資おすすめ銘柄は?高配当、安定性、成長が期待できる6銘柄を紹介!NISAとは少額投資非課税制度といい、譲渡益、売却益にかかる税金が不要になる制度です。 個人1人につき120万円の枠が与えられており、日米個別株、日米ETFなどを買うことができます。 今回は、NISA口座でおすすめする6銘柄を紹介します。...

 

 

 

三井住友FG 年間見通し

 

19年 20年 21年 22年 23年予想
売上高 5兆7373億 4兆5918億 3兆9023億 4兆1111億
経常利益 1兆1363億 9321億 7110億 1兆406億
当期純利益 7267億 7039億 5128億 7066億 7700億

 

通期予想を7300億から7700億に上方修正

 

業績の好調により、自己株取得 2000億円分を取得

 

 

過去最高益を達成

 

21年はコロナのダメージを受け利益が減少しました。

7000億前後を通年稼いでいます。

 

成長性が乏しく、安定して5%前後の配当金を受け取る方針ならおすすめです。

 

配当金

2020年 2021年 2022年
株価 4239円 4200円 4784円
配当金 190円 210円 230円
利回り 4.4% 5% 4.8%

 

業績の上方修正に伴い配当金を引き上げ

220円から230円に増配

年々増配を続けています。

長期保有におすすめです。

配当利回りは一時期5%以上をつけていましたが、

業績好調な事や株主還元が評価され株価も急上昇しています。

 

EPS(一株利益)580円

配当性向 40%

【おすすめ銀行株を紹介してみました】

こちらもぜひご覧ください!

【2022年高配当銀行株4選】配当利回り3.5%以上!おすすめ銀行株を4選紹介【2022年】高配当銀行株おすすめ4選を紹介します。 銀行業は、内需関連銘柄に該当し、時価総額も大きく、暴落に強いセクターです。...

 

3大メガバンク 比較

日本3大メガバンク

三井住友FG 三菱UFJ みずほFGとの比較表

三井住友 三菱UFJ みずほ
当期純利益 7700億 1兆 5400億
利益進捗率 72% 68% 61%  
株価 4664円 735円 1658円
配当金 230円 32円 85円
利回り 4.9% 4.3% 5.1%
自社株買い 2000億 1500億 なし
取得期間 不明 23年1月末 なし
信用倍率 3.45倍 5.41倍 2.91倍
格付け 5社 5社 5社

 

日本最大のメガバンク三菱UFJは1兆円の利益予想を出しています。

 

利益進捗率は三井住友が70%を超えており、第3期決算で上方修正をさらに出す可能性があります。

第2期の進捗率が50%以上あれば予定以上です。

 

三井住友、三菱は多額の自社株買いをしており、株価の上昇が期待できます。

※三菱UFHは22年度すでに3000億円の自社株買いを発表しており、今回合わせると4500億の自社株買いをします。

 

三菱UFJの信用倍率が高く、下落要因があります。

 

信用倍率

信用取引における買い残高÷売り残高によって求められます。

倍率が1倍に近づくほど株価も上昇しやすくなり、1より上がれば株価が下がりやすくなります。

 

指標判断

三井住友 三菱UFJ みずほ
PER 8.12倍 8.96 7.78
PBR 0.5倍 0.53 0.47
ROE 5.9% 6% 6.1%
ROA 0.3% 0.3% 0.2%

  

同じ業種の銘柄を比較しました。

みずほ銀行が若干の割安です。

指標判断では、同じ水準です。

 

三井住友FG評価

 

投資おすすめです!

低金利の時代でも、売り上げや利益も確保し安定した業績を上げています。

前年を上回る水準で売上、利益を稼いでいる。

 

円安で恩恵を受けた

→リスク要因でもあり円高になれば利益が減少します。

 

利益進捗率が70%以上あり第3期でさらなる上方修正もあり得る

2000億円の自社株買いを発表し株価の上昇が期待できる。

 

利回りが4.9%あり高配当である。

年々増配をしている。

→今期は230円に増配

株価が最低46万円必要であり、手が出しにくい。

 

三菱UFJフィナンシャルグループもおすすめです!

 

日本株おすすめ5選
2022年上半期おすすめ高配当株5選】 配当利回り4%以上!長期保有できる優良銘柄のみ紹介!【2022年上半期おすすめ高配当株5選】 配当利回り4%以上!長期保有できる優良銘柄のみ紹介!...

 

広告リンク
アーカイブ
年収400万!普通のサラリーマンが資産2000万を達成した方法
おすすめの本
よみたい本