日本株

【住友ゴム工業を解説!】配当利回4.4%!割安放置されている安定銘柄

住友ゴム工業特徴

1975年に上場し、神戸市に本社を置いている。

タイヤ事業 85.9%(ほとんどタイヤ事業です)

タイヤで有名なダンロップ、ファルケンをメインブランドとし、海外にも輸出している

2013年に石油を使わないタイヤ、エナセーブを開発

価格、性能、耐久性が非常に高く、私も愛用しています。

ダンロップ写真
出典元 住友ゴム工業 https://tyre.dunlop.co.jp/

 

スポーツ事業 (8.9%)

ゴルフクラブやテニスラケットを作り、フィットネスクラブなども運営している。

産業用事業 (5.3%)

ゴム手袋、介護用品、多種多様な商品を提供している。

発行済み株式数 2億6304万3千株

時価総額 3,445億円

代表株主 

住友電気工業 7587万株 28.8%

日本マスター信託口 1,469万株 5.5%

日本カストディ信託口 746万株 2.8%

 

総資産 1兆160億4900万 流動資産(現金など)+固定資産(建物、車両など)

自己資本 4882億2600万 返済義務のない資産

自己資本比率 48.1% 40%を目安に高いほど安定していると判断します。

利益剰余金 4730億2900万 会社の貯金

有利子負債 2243億6900万 借金の額

株主優待 なし

決算期 12月 

住友ゴム工業チャート SBIより

決算サマリー

  2019年 実績 2020年 実績 2021年 予想
売上高 8933億1千万 7908億1700万 9250億
営業利益 330億6500万 387億100万 430億
経常利益 272億9500万 297億7100万 455億1700万
当期純利益 120億7200万 225億9600万 290億
配当 55円 35円 55円
株価 1,277円 1,286円 1,223円(12月時点)
利回り 4.3% 2.7% 4.4%

※海外への売上は約65%を占めています。

指標判断

PER 14.21倍 割安と判断

株価収益率と言われ現在の株価が利益水準に対して、どれくらいの割合かを図る指標です。 

PER=株価÷1株利益(倍率が低いほど割安だと判断できます)

平均15倍を下回れば割安です。(成長できる企業ならPERが高くても投資価値あり)

 

 

 

PBR 0.71倍 割安と判断

株価純資産倍率と言われ、企業の資産面を見て判断する指標です。

PBR=株価÷1株あたり純資産(倍率が低いほど割安だと判断できます)

平均1倍を下回れば割安です。

逆に見れば、高いほど人気のある企業だと捉えることもできます。

 

 

 

 

配当性向 40.7% 標準の範囲

利益の何%を配当と出しているかを表します。

(低いほど減配リスクが少なくなります)平均40%を超えると配当性向が高いと判断します。

 

 

 

ROE 4.9% 効率よく稼げていない

自己資本利益比率と呼ばれ、資本から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。(高いほど、投資価値のある会社だと判断でき、株価も上がりやすくなります)

ROE 当期純利益÷純資産(総資産-負債)×100

平均10%を超えれば、優良企業と判断できます。

 

 

 

ROA 4.3% 効率よくかせげていない

純資産利益率と呼ばれ、資産から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。 

ROA 当期純利益÷総資産×100

(高いほど、株式市場で評価を受けています)

平均5%を超えれば、優良企業と判断できます。

 

 

 

 

トピックス

グローバル展開を目指す

(海外進出をどんどん加速させていく)

売上 1兆円 営業利益 1,000億円

高い価値のあるタイヤを開発する!

スマートタイヤ

自動運転に対応したタイヤ (タイヤをセンサーにし、安心安全に運転できるなど)

路面や季節に対応し変化するタイヤ(将来タイヤ交換のいらなくなるタイヤができるかもしれません)

住友ゴム工業評価

投資しても大丈夫な銘柄です。

 コロナで自動車の生産台数が減り2020年の売上や配当金は少ないほうでしたが、コロナ以前の水準には回復しました。

タイヤ開発などに力を入れていて、イノベーションを起こすタイヤを作るかもしれません。

市場が縮小する日本と市場が拡大している海外グローバルに事業を展開している。

配当利回りが4.4%と高い 配当性向をみても40%台なので、減配リスクが限られます。

懸念点

ライバル、ブリジストンのブランド力がすごい。

日本市場を斡旋しています。

2020年の売上高

ブリジストン売上高2兆9945億

ダンロップ7,908億円

市場では割安銘柄で放置されている。

一見メリットの様ですが、市場からは評価されていないと受け止めることもできます。

今後の伸びや割安と判断しおすすめ銘柄だと思います。

(住友ゴム工業を動画でも説明してみましたので、ぜひご覧ください)

広告リンク
アーカイブ
年収400万!普通のサラリーマンが資産2000万を達成した方法
おすすめの本
よみたい本