Jリート

【不動産投資】ヒューリックリート投資法人【REIT銘柄解説】

ヒューリックリート投資法人表紙

ヒューリックリート投資法人特徴

スポンサー 

ヒューリック株式会社

投資対象物件

61物件 資産規模3,768億円

オフィス 62.8% 商業施設 15.3% 有料老人ホーム 8.3%

ネットワークセンター 5.5% ホテル 6.7% その他 1.4%

東京コマーシャルプロパティ

38物件 2,846億円

次世代アセットプラス

23物件 922億円

商業施設投資比率を11.8%から8.4%に低下

安定している店舗型銀行物件の比率を12.7%に増加 

投資対象地域

都心6区 72.2% その他23 19.7% その他 8% 

https://www.hulic-reit.co.jp/

格付け JCR AA(安定的)

稼働率 99.1%

含み益 591億円

平均調達金利 0.49%

借入期間 7.1年

固定金利比率 99.6%

有利子負債残高 1,646億円

利益剰余金 50億9389万

代表投資家 

日本カストディ銀行 24.1%

日本マスター信託口 16.5%

ヒューリック 10.9%

ヒューリックリート投資法人チャート
ヒューリックリート投資法人 チャート SBIより

決算サマリー

 2020年8月第13期2021年2月第14期2021年8月第15期
営業収益105億9100万111億7千万105億500万
営業利益57億8200万62億3200万57億6300万
当期純利益50億8200万54億3700万49億7200万
総資産3704億8700万3684億3693億5800万
純資産1788億6千万1792億1200万1855億2900万
発行口数1,312,000口1,312,000口1,353,000口
分配金3,876円4,052円3,550円
稼働率99.8%99.6%99.2%
投資口価格134,000円154,000円189,000円
分配金利回り2.8%2.6%1.8%

指標判断 

FFO倍率 34.8倍 標準の範囲

FFO倍率=株価÷1口あたりFFO(低いほど割安です)

35倍を超えると割高と判断

FFO=当期純利益-不動産売却益+減価償却費÷投資口発行数

賃料収入からどれだけのお金を得ているかの収益力のこと

高いほど収益力がいいとわかります。

LTV 46.1% 負債比率が若干高いです

資産額に対する負債比率を見て財務の健全性を図る指標

低いほど負債比率が小さいのでいいです

45%を超えると割高と判断

LTV=有利子負債÷資産額

NAV 176,819円 NAV倍率 0.96倍 割安

純資産に対する価格水準を図る

NAV倍率=投資口価格÷NAV

倍率が1を下回るほど割安だと判断できます。

NOI利回り 4.4% 平均的な範囲です

NOl利回り=一口あたりNOI÷取得価格

NOI=不動産賃貸収益-不動産賃貸事業費+減価償却費

収入から支出を引き実際の収益力を図る指標

J-REITの平均4.5%を基準にします

トピックス

賃料増額率、4.1%を達成

 一定程度のリモートワークの定着化が見込まれ、好立地の中規模オフィスの優位性が増してくると思われる。

商業施設やホテルは政府の後押しや、コロナが収束し回復する見通し

内部留保、2億9千万を使い一口あたり202円の増額をした。

第16期の分配金予想は3,600円

4物件を取得

取得価格 334億6千万

ヒューリックリート投資法人 取得物件

オフィス3物件、有料老人ホーム1物件

先行いが不透明な環境下において、今後も銀行店舗物件と老人ホームを取得していく

コスト削減に向けた取り組み

電力会社を変更し年間2400万の削減を見込む

大規模ビルの空席率が上昇している。

中規模ビルの優位性が増している。大きいオフィスがいらなくなると予想。

ヒューリックリート投資法人ヒューリックリート評価

投資おすすめ銘柄です!

ヒューリックの特徴は銀行店舗に重点を置いている点ですね!

ただ、近年の動向で銀行の店舗が要らなくなるケースも増えて来ているので!

稼働率にほ注目しないといけません。

指標判断では、全く問題がありません。

リートの投資口価格の高騰で分配金利回りが、低くなって来ているのが残念ですね

賃料もしっかり稼いでいるので投資的確には至ると思います。

広告リンク
アーカイブ
年収400万!普通のサラリーマンが資産2000万を達成した方法
おすすめの本
よみたい本