日本株

【積水ハウスを解説】配当利回り4%!業績も上昇傾向でおすすめ銘柄

積水ハウス

賃貸住宅、マンション、国内外で不動産開発も行っている住宅メーカー

請負、ストック、開発、国際事業の4つのビジネスを行っています。

連結業績

 

2021年1月 実績 2022年1月 実績 2023年1月 予想
売上 2兆4469億 2兆5895億 2兆7870億
営業利益 1865億1900万 2301億6千万 2360億
経常利益 1846億9700万 2300億9400万 2340億
当期純利益 1235億4200万 1539億500万 1580億

利益も右肩上がりです!

セグメントの状況

2020年度 実績 2021年度 実績 2022年度 予想
請負型 9849億 9986億 1兆1010億
ストック型 6987億 7411億 7760億
開発型 3211億 3848億 4162億
国際事業 3706億 3889億 4148億

 

請負型 住宅、賃貸住宅の販売

一番稼いているセクターです

ストック型 リフォームや不動産の転貸借

開発型 土地の取得、分譲住宅、マンション、オフィスビル、商業施設の開発

国際事業 海外での住宅や分譲地のマンションの販売

展開エリア アメリカ、オーストラリア、イギリス、シンガポール、中国

企業情報

時価総額 1兆6062億 住宅時価総額 2位

総資産 2兆7509億

自己資本 1兆4095億

自己資本比率 51.2%

高いほど、財務健全性が高いです

利益剰余金 9021億4700万

会社の貯金のことです

有利子負債 5804億5900万

発行株式 6億8468万3千株

営業CF 1919億

現金 6002億

格付け

R&I AA(安定的)

配当情報

2021年1月 実績 2022年1月 実績 2023年1月 予想
株価 2100円 2400円 2300
一株配当  84円 88円 94円
配当利回り 4% 3.6% 4%
一株利益  181円 227円 236円
配当性向  46% 37% 39%

指標判断

PER 9.57倍

割安と判断

株価収益率と言われ現在の株価が利益水準に対して、どれくらいの割合かを図る指標です。

PER=株価÷1株利益(EPS)

倍率が低いほど割安だと判断できます。

平均15倍を下回れば割安です。

成長できる企業ならPERが高くても投資価値あり

PBR 1.04倍

割高と判断

株価純資産倍率と言われ、企業の資産面を見て判断する指標です。

        

PBR=株価÷1株あたり純資産

倍率が低いほど割安だと判断します。

平均1倍を下回れば割安です。

逆に見れば、高いほど人気のある企業だと捉えることもできます。

配当性向 39%

減配リスクが、低い

利益の何%を配当と出しているかを表します。

低いほど減配リスクが少なくなります。

平均40%を超えると配当性向が高いと判断します。

ROE 10.5%

稼ぐ力が高い

自己資本利益比率と呼ばれ、純資産から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。

高いほど、収益性のある会社だと判断でき、株価も上がりやすくなります。

ROE 当期純利益÷純資産(総資産-負債)×100

10%を超えれば、優良企業と判断します。

ROA    5.4%

稼ぐ力が高い

総資産利益率と呼ばれ、総資産から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。

ROA 当期純利益÷総資産×100

高いほど、株式市場で評価を受けています。

5%を超えれば、優良企業と判断します。

トピックス

注文住宅の受注増で工事順調、高付加価値進み単価上昇。

賃貸住宅は省エネ使用で法人需要取り込み拡大。

資材高は価格転嫁。

ゼネコンは競争激化、ホテル苦戦でも最高純利益更新。

米国事業

オレゴン州の分譲戸建て販売会社を買収、M&A加速、年間1万戸以上の販売目指す。

積水ハウス評価

投資おすすめ銘柄です

プラス材料

配当利回りが4%と高配当ラインである

株主還元にも積極的である。

配当金の増配、自社株買いなど。

今期は過去最高益で勢いがある。

海外展開にも注力しており、世界経済の成長に合わせて、売上を伸ばせる。

ROE.ROAどちらも高水準で稼ぐ力がある。

マイナス材料

景気敏感株である。

好調な時の業績はいいが、不景気になると業績に影響が出やすい。

PBRでは割高となった。

投資家から評価されている。

上記の点から、配当利回りが高配当ラインで、業績も上昇傾向により、投資おすすめと判断します。

広告リンク
アーカイブ
年収400万!普通のサラリーマンが資産2000万を達成した方法
おすすめの本
よみたい本