日本株

ソフトバンク(9436)  2022年3月期決算予想

ソフトバンク特徴

2018年に親会社ソフトバンクグループから上場しました。

日本の携帯、通信事業を担っています。

ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOなどを持っておりマルチブランド戦略をとっています。

ソフトバンク 大容量の通信 価格が高い 8,000円台

ワイモバイル 小中容量の通信 価格が普通 3000円台

LINEMO   オンライン専用 価格が安い

ヤフー、ゾゾタウン、ライン、ペイペイなどのグループ会社がある。

スマートフォン累計契約数 2,593万件

ペイペイ登録者数 2021年6月 4,000万人

ペイペイ決済取扱高 2,020年度 3.2兆円

会社のキャッチコピー 「通信の枠を超え、最先端テクノロジーで社会を良くしていこう」を掲げています。

ヤフー、法人、流通、コンシューマー、4つの事業をしています。

https://www.softbank.jp/corp/ir/

発行済み株式数 47億8714万5千株

時価総額 7兆251億

代表株主 ソフトバンクグループ 19億1485万株

総資産 12兆3360億9千万円

自己資本 1兆4594億5千万円

自己資本比率 11.8%

内部留保 1兆119億7800万

有利子負債 6兆2278億8500万

決算期 3月 

ソフトバンク チャート SBIより

決算サマリー

 2020年 実績2021年 実績2022年 予想
売上高4兆8612億5兆2055億5兆5千億
営業利益9117億2500万9707億7千万9750億
経常利益8111億9500万8476億9900万 
当期純利益4731億3500万4912億8700万5000億
1株利益99.3円103.9円106.5円
配当85円86円86円
株価1,450円1,300円1,500円(11月時点)
利回り5.8%6.6%5.7%
PER14.6倍12.6倍14.1倍

PER

株価収益率と言われ現在の株価が利益水準に対して、どれくらいの割合かを図る指標です。 

PER=株価÷1株利益 倍率が低いほど割安だと判断できます

平均15倍を下回れば割安です。(成長できる企業ならPERが高くても投資価値あり)

ソフトバンク 14.1倍→割安だと判断

PBR

株価純資産倍率と言われ、企業の資産面を見て判断する指標です。

PBR=株価÷1株あたり純資産 倍率が低いほど割安だと判断できます。

平均1倍を下回れば割安です。

ソフトバンク 4.67倍→割高だと判断(人気のある企業だと捉えることもできます)

配当性向 

利益の何%を配当と出しているかを表します。

低いほど減配リスクが少なくなります。

40%を超えると配当性向が高いと判断します。

ソフトバンク 利益の85%を配当→配当性向が高すぎるので減配リスクはあります。

ROE 

自己資本利益比率と呼ばれ、資本から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。

高いほど、投資価値のある会社だと判断でき、株価も上がりやすくなります。

ROE 当期純利益÷純資産(総資産-負債)×100

平均10%を超えれば、優良企業と判断できます。

ソフトバンク39.1%→優良企業です。

ROA

純資産利益率と呼ばれ、資産から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。 

ROA 当期純利益÷総資産×100

高いほど、株式市場で評価を受けています。

平均5%を超えれば、優良企業と判断できます。

ソフトバンク 7.7%→優良企業です。

成長戦略

ヤフー、新領域の拡大を目指す。

2022年春までに5Gの人口カバー率90%を目指す。

Zホールディングス(ヤフー)を日本、アジアのテックカンパニーにする。 ペイペイを入口とした、金融エコシステムを目指す

ソフトバンク評価

投資おすすめ銘柄です。

通信3キャリアの大手で、利益もたくさん稼いでおり、通信事業はインフラまでのレベルに達しています。

配当金に関しては、配当性向が高すぎるので、業績によって減配もあることを覚悟した方がいいです。

成長企業の特徴ですが、負債の額が6兆とかなりの額があります。

通信事業は今後も成長を続けると思いますので、投資おすすめだと判断します。

https://www.softbank.jp/

広告リンク
アーカイブ
年収400万!普通のサラリーマンが資産2000万を達成した方法
おすすめの本
よみたい本