日本株

【住友商事を解説】配当金5.1%!今期は業績絶好調!投資おすすめ銘柄

住友商事特徴

日本の五大商社の一つで、住友系の総合商社です。

世界65か国、74,920人の社員を持つグローバル企業

16世紀からあり、約400年の歴史を持つ、老舗企業

5つの事業  

消費者に近いビジネスを展開している。

金属事業 

自動車、鉄道、家電産業向け、様々な金属製品を扱い付加価値を付けて販売している。

輸送機、建機事業

船舶、航空機、自動車などを製造、販売、リースなどを行っている。

インフラ事業

電力、交通システム、水など社会に必要不可欠なインフラ整備を行っている。

メディア・デジタル事業 5大商社の中でも住友商事が特に力を入れています。

ケーブルテレビ、通販、5G、モバイル端末、海外での通信事業を担っている。

生活・不動産事業 消費者関連サービス

食品スーパーやドラッグストアの運営、ヘルスケア、青果、食肉、建材、生活資材の供給

商業施設、オフィスビル、住宅の開発、不動産ファンドなどを行っている。

資源科学事業 

資源エネルギーの供給、電子機器製造サービス、医薬、化粧品、動物薬、農薬、肥料などを扱っている。

新しい事業 イノベーションイニシアチブ

水素、グリーン電力、蓄電、森林、次世代のサービス、循環型エネルギ--システム構築をめざしている。

代表株主 

日本マスター信託口 18,681万株 14.9%

BNYメロンAsAgtノントリーティジャスデック 6,809万株 5.4%

日本カストディ信託口 6,193万株 4.9% 

その他

 上場 1949年8月

発行株式 12億5140万4千株

時価総額 2兆998億

総資産 8兆6333億6200万

純資産 1兆2507億

自己資本 2兆7581億2200万

自己資本比率 31.9%

高いほど、財務健全性が高いです

一株利益 304円

資本金 2198億9400万

利益剰余金 2兆892億5600万

会社の貯金のことです

有利子負債残高 3兆119億5500万

株主優待 なし

決算期  3月

決算サマリー

  2020年3月 2021年3月  2022年3月(予想)
売上 5兆2998億 4兆6450億 5兆7284億
経常利益 2519億2200万 ▲942億1500万 5088億5千万
当期純利益 1713億5900万 ▲1530億6700万 3800億
配当金 70円 70円 90円
投資口価格 1,600円 1,486円 1,754円
配当利回り 4.3% 4.7% 5.1%

 2021年3月決算はコロナの影響で資源価格が急落,減損損失を計上し、赤字になりました。

 トピックス

2020年度決算は1,531億円の大赤字を出した。

2021年度は3,800億円の過去最高益を予想。

V字回復を達成

今後は油井管、ラインパイプ、重機レンタル、再生可能エネルギー、デジタルトランスフォーメーション、農機資材、国内不動産に注力していく。

次世代成長戦略

子会社のJCOMとの協業スマート医療事業

住友商事とKDDIが50%づつ出資している。

ケーブルテレビ、メディアエンターテイメント事業をしている。

オンライン診療、テレビでオンライン診断を行い、薬なども最寄りの薬局で手に入る。

通院の負担、医師の地域医療格差、新型コロナウイルス対策になる。

水素事業

オーストラリアで、太陽光を使い水素を製造している。

年間300日以上、晴天な地域を選び、水素を製造

地産地消プロジェクト 

製造した水素をバスやトラック、新たなエネルギ―として利用する。

将来的には日本に輸出する。

指標判断

PER 5.76 EPS 304円

割安と判断

株価収益率と言われ現在の株価が利益水準に対して、どれくらいの割合かを図る指標です。

PER=株価÷1株利益(EPS)

倍率が低いほど割安だと判断できます。

平均15倍を下回れば割安です。

成長できる企業ならPERが高くても投資価値あり

PBR 0.79

割安と判断

株価純資産倍率と言われ、企業の資産面を見て判断する指標です。

        

PBR=株価÷1株あたり純資産

倍率が低いほど割安だと判断します。

平均1倍を下回れば割安です。

逆に見れば、高いほど人気のある企業だと捉えることもできます。

配当性向 30%

減配リスクほとんどなし

住友商事は、一株あたり70円を維持し、利益の30%を配当とする。

利益の何%を配当と出しているかを表します。

低いほど減配リスクが少なくなります。

平均40%を超えると配当性向が高いと判断します。

ROE 3%

自己資本利益比率と呼ばれ、純資産から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。

高いほど、収益性のある会社だと判断でき、株価も上がりやすくなります。

ROE 当期純利益÷純資産(総資産-負債)×100

平均5%を超えれば、優良企業と判断します。

ROA 4.4%

総資産利益率と呼ばれ、総資産から利益をどれだけ効率よく稼げているかを図る指標です。

ROA 当期純利益÷総資産×100

高いほど、株式市場で評価を受けています。

平均4%を超えれば、優良企業と判断します。

住友商事評価

投資おすすめ銘柄です。

プラス材料

投資の神様と言われている、ウォーレンバフェットが日本の商社株に注目し、株を大量購入をした。

グローバル展開し、世界のマーケットをとりにいっている。

オンライン治療など、デジタルの強みを生かし、イノベーションを起こす力がある。

指標判断では、割安水準になっている。

マイナス材料

5大商社の中では、安定感に欠ける部分がある。

去年は5大商社の中では住友商事だけ赤字となった。

資源価格の高騰がこのまま続くとも限らない。

マダガスカルで行われている、ニッケルの生産が、足かせとなっている。

累積1,500億円の減損

上記の点を考慮して、配当利回りが高く、おすすめの銘柄ですが、各事業の動向に注力する必要があります。

住友商事を動画で解説してみましたので,ぜひご覧ください‼

広告リンク
アーカイブ
年収400万!普通のサラリーマンが資産2000万を達成した方法
おすすめの本
よみたい本